生の声を聞いて情報収集力アップ!ハローワークの転職相談

ハローワークの転職相談

皆さんが、色々な事情で、離職して、初めてお世話になるのが、ハローワークです。会社から、頂いた離職票を片手に、お近くのハローワークに足を運んでみましょう。受付で、相談すれば、失業給付か、就職相談と説明してくれます。 失業給付は、失業中の給料補填について色々教えて頂けます。原則、仕事を探して居る事が、大前提です。 体調不良等で、仕事ができない人は、社会保険の傷病手当金の受給申請が、必要です。どちらも、仕事が無い時の強い味方ですが、今回は、ハローワークの相談について説明します。 まずは、就職相談の担当者に、自分の現状と、挑戦したい職種を伝えるといくつか、ピックアップして、見せて頂けます。 条件提示や、車通勤可能かとか、色々条件を見比べて、相談致しましょう。

窓口と機械検索の違い

窓口で、直接担当者とやりとりも必要ですが、ハローワークに常設してあるパソコンで、自分で検索をして、いくつか、ピックアップしたものを、プリントアウトして、窓口に相談するのも、手っ取り早いかもしれません。 自分の目で、パソコンの膨大な資料の中から探すと、意外な出会いがある場合もありますから、あきらめないで、ハローワークまで行った時は、パソコン検索をする事をお勧め致します。 いくつか、ピックアップした物を、窓口の担当者に持っていくと、生の声が聴けますので、自分に向いているのか、どうかが判断できます。 担当者の経験値や、親身になってくれるかでも変わりますが、折角、再就職されるなら、一生働ける職場に出会いたいですよね。